« モノトーンコーデ | トップページ | ふれあい with サンタクロース »

2014年5月13日 (火)

コメントお返事です(^^)/

A-chanさん、いつもコメントありがとうございます!

お返事が長くなってしまったのと、私の文章構成力ではコメ欄の様式ではまとめにくかったため、記事でお返事させていただきました。

どうぞ続きからご覧くださいませ。

こんばんは♪

貴重なご意見ありがとうございます(*´ω`)
気に障るだなんてとんでもないことです…!大変興味深く拝見致しました。

私としては逆に、スナフキンは谷のしきたりを尊重したからこそコウモリの子を連れて谷を出て行ったんだと解釈していまして。
ムーミンが自らコウモリに噛まれて無害の証明をしたように、スナフキンだって住人が納得出来る様に教えてあげれば済むものを敢えてしなかったのは、A-chanさんが仰るように住人達は好き好んで迫害しているのではなく、それ以上に守らなければならない規律があるのだとスナフキンも理解していたからではないかと。

ムーミンママの「まさか伝説を嘘だなんていえない」という台詞が実に意味深です。
もしかしたら無意味な迫害かもしれないとの認識があっても、足並みをそろえなくてはいけない理由がきっとあるのでしょう。
ムーミン谷のような孤立した小さな集落の決まり事には、表向きの理由以上に根深い問題あるいは大きな教訓が存在していることが多々あるように。
それが旧態依然な体質であったとしても、スナフキンは谷と住人を深く愛している故に重んじてあげたかったのではないでしょうか。ましてこの先、村に根を下ろすつもりのない自分が論じるのは無礼で無責任だとも。
コウモリが無害だと知っている以上保護した仔を見捨てることはできないし、何よりも自分が村にとどまって我を通せばムーミンに迷惑がかかる。
あれだけスナフキンが大好きで尊敬しているムーミンですから板挟みとなってひどく苦しむでしょう。
これからもずっとこの地で健やかに成長して大人になっていくはずの子供が、谷で浮いた存在になってしまうような事態はなんとしても避けたかったのではないかなあと。
ぶっちゃけますと、このうまく立ち回ることのできないスナフキンがもどかしくて愛しい…(バカフィルター)。
そしてムーミンがあんな危険を冒してまで自分を追いかけ、引き止めに来るのは想定外だったんじゃないかと。
孤独に慣れ過ぎたため、自分が誰かにとって強く必要とされる存在になっているなんて思いも寄らず、自分に一途になってくれたムーミンの真心に涙を流したのだと思います。

旧スナと比べて柔らかそうに見える新スナの方が、実は頑固で不器用で不完全な人なのでしょう。
現にディープで真摯な新スナファンの間では、むしろ彼のそんな局面が魅力の真骨頂と語られることも多く、私もそんなひとりです(笑)。

この記事でスノークを引き合いに出したのは、住人に真実を説いて無益な殺生を止まらせる役が要るとしたら、彼がいちばん適任だと思ったからです。
知性、教養、村での立ち位置、カリスマ性、軋轢なく説得できるだけの充分な素養があります。
なのでこの役回りがちょっと残念で…。

>この子達の方が裏切られた気持ちだったでしょう。
このご意見には私も全く同感です。こんな事件が起きた時いちばん可哀想なのは子供です。
まだ大人を信頼していたい時期なのに辛いことですよね。
裏切りだなんて、一方的な物の見方で白黒つけて断言するのは怖いことです…自戒も含めて。

このお話はどちらが正しいかではなく、価値観や理念の違いによって人それぞれに守りたいものがあるという、正義を定義することの危うさを伝えているんだろうと考えます。

« モノトーンコーデ | トップページ | ふれあい with サンタクロース »

ムーミン(昭和)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お返事ありがとうございます。私もスナさんの気持ちが分からず、色々と検索して色々な人の考察や解釈を読んでみたところ、スナさんの住民に対する失望という悲観的な記述が目に付いて、半信半疑になってました。でも、とっとさんの貴重なご意見を読んで救われました。
そうですよね。スナさんがムーミン谷の住民を悪く思うはずがありませんよね。スナさんは住民の気持ちを汲んでくれたのですよね。
私にはその土地の「しきたり」とか「規律」とかはよく分かりませんが、住民の事を思うなら無益な殺生を繰り返すのをやめさせる為、誤った戒めを解いてやるのが親切だと思います。
自分達の愚行を思い知らされるのは辛い事ですが、それを認め乗り越えない限り人は成長する事はできないのですから。

ともあれ、この件においてスナさんとムーミン谷の住民の絆は一層深まったものと思われます。私は、その橋渡し役となったムーミンの愛と勇気を大いに称賛したいです。

>A-chanさん

こんばんは!お返事が遅れてしまってすみません…。

いやいや!私の方こそスナフキンに肩入れした見方をしているので幼稚な主張もあってお恥ずかしいです。
私はA-chanさんの偏見のない公平なものの見方や、衝突を恐れない勇気を重んじる姿勢が素晴らしいと思いました。

どんな物語もそうかもしれませんが、ムーミンは完璧なキャラってひとりもいないんですよね。
スナフキンもまた然り。自由と孤独への固執は弱さの裏返しともとれますし…。
野暮を承知での発言ですが、それぞれのキャラの弱点やクセの強さこそが、光る個性になっていて愛しいのだと思います(*´ω`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1940359/56176286

この記事へのトラックバック一覧です: コメントお返事です(^^)/:

« モノトーンコーデ | トップページ | ふれあい with サンタクロース »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ